からだ一番

病気や薬、病院のことなど身体(からだ)のことが一番に気になる方へ

未分類

めまいに関する体験談(頚椎)

投稿日:2017年10月3日 更新日:

今回は、頚椎を原因としためまいの体験談をご紹介致します。

ペンネーム:ゆみさん 2014年の頃

これまでに感じたことのないめまいを感じたのは昨年53歳のときでした。

立ち上がったとき、頭の後ろに強い痛みを感じて、「これは血管が破れたりしたのでは・・・」と思ったのですが、普通に歩けるし、意識が遠のくわけでもなかったのです。しかし1時間くらいたつとめまいがして気持ちも悪くなってきました。あわてて脳神経外科を受診して頭部のCTとMRIを撮ってもらったのですが、問題がなく、「頚椎に問題があるのではないか」といわれました。整形外科で首のレントゲンとMRIを撮ってもらい、頚椎の椎間板ヘルニアと診断されました。

その後首の牽引や筋肉の緊張をとる薬の処方を受け、首の筋肉のストレッチと筋トレをしていますが、肩凝りがひどいときなどはめまいが再発します。これまでも低血圧や更年期障害でめまいがしたことがありますが、それらは立ち上がったときや朝起きたときなどに頭がふらふらする、といったものでした。しかし、首のヘルニアからくるめまいは、肩の張りとともにじわじわとめまいがやってきて、ひどくなると気持ちが悪くなってきます。ぐるぐる回るというより、ふらふらする感じで視野が狭くなる感じもあります。

このようになってしまうのは、特にずっと下を向いてデスクワークをしたり、台所で物を切ったり、炒めたりしているときです。首の神経が圧迫されてめまいを引き起こす特定の角度があるようです。これを避けるためには医師から勧められた「首まくら」を使うのが効果的でした。やわらかい素材が入った幅10cm長さ60cmくらいのもので、首に巻いて固定します。ひもで結ぶタイプとマジックテープで止めるタイプとがあります。また、肩凝りが蓄積しないよう、寝るときのまくらを工夫して高さを調節したり、寝返りしやすくしています。お風呂上りや、デスクワークの途中でストレッチすることもかかせません。これで、大分よくなりましたが、まだ牽引などのリハビリは欠かせません。
めまいの原因にはこのようなものがあるとは思っていませんでした。ただ、頚椎の問題を疑ったとしても、最初から整形外科に行っても「まずは脳神経外科で血管のトラブルがないか調べてください」といわれます。脳の血管に問題がある場合、命取りになってしまうので、まずは脳神経外科に行ったほうがよいとおもいます。

-未分類
-

執筆者:

関連記事

no image

気になるめまい、突然めまいがすると不安ですよね

気になるめまい、突然めまいがすると不安ですよね? めまいの症状は大別すると次の3つに分類されます。 グルグル目がまわる ふわふわふらつく クラっとする これらの症状のめまいですが、原因によって発生頻度 …

no image

ストレスによるめまいの予防策と対処法

ストレスによるめまいの予防策と対処法について ストレスからめまいは一般的に「心因性めまい」と呼ばれています。 これは、ストレスから平衡感覚が敏感になり、普段とは異なった感覚でふらつきを感じるようです。 …

no image

高血圧の方が気になる塩分、市販のミネラルウォーター(水)に含まれている量は予想外な数値でした。

高血圧と診断されたり、日頃から血圧が高めの方がまっさきに気を付けるべきことに挙げられるのが「塩分」ですね。 日本では高血圧など血圧に注意が必要な方の塩分摂取量の1日上限は6gとされているのですが、塩分 …

no image

左肩甲骨が痛いっと思ったら知っておきたい3つのケース

打撲やねんざなどはっきりと原因がわかっている場合はいいのですが、原因はわからないけど肩甲骨の周辺が痛い、もしくは違和感があるということはありますよね。 特に左の肩甲骨は心臓の裏側にあたるため心配も多く …

no image

めまいに関する体験談(ストレス)

今回は、ストレスを原因とするめまいの体験談を紹介致します。 ペンネーム:テラジさん 2010年頃の話 子どもを出産したのが30歳。その後、子どもが1歳になる頃に病気で2か月ほど入院するという出来事があ …