これからお盆休みの時期、海外旅行に行かれる方も多いですよね。

そんな楽しい海外旅行先で病気になってしまったらどうしますか?

今回は海外旅行での病気についてがテーマです。

まずは、しっかりとした準備を

まずは現地に行ってから病気になった場合に焦らなくても良いように準備をしておきましょう。

パスポートは当然のことながら、普段から飲んでいる薬があるのなら薬を持参しましょう。

薬の機内への持ち込みを心配される方が多いようですが、一般的な市販薬や処方箋のある処方薬は手荷物検査でひっかかることは少ないようです。

それでも心配な場合は、薬の説明書やお薬手帳も持参すると良いでしょう。

ちなみに航空会社であったり、ツアーの場合はツアー会社も一般的な薬は用意してあったりします。

また、旅行先での総合病院の場所と日本大使館の場所も抑えておくと安心ですね。

海外旅行先で具合が悪い

楽しいはずの海外旅行でしたが、残念ながら旅先で具合が悪くなることはあり得ます。

ふだんからの症状と同じような感じであれば薬を服用して様子をみるのが一番かと思いますが、「普段とはちょっと様子が違うな・・・」と感じたらすぐに病院へ行くようにしましょう。

海外の病院での費用も健康保険が使えるってご存知ですか?

海外の病院ということで、心配になってくるのが費用の面ですよね。どうしても日本の病院と比べると高いイメージがありますし、保険の適用も・・・と思いがちなのですが、海外の病院であっても100%自己負担とはならない場合があります。

日本の健康保険には「海外療養費」という制度があり、適用条件に該当すれば保険組合に申請することで医療費の一部が還付されるのです。

参考サイト:全国健康保険協会